年賀状印刷2020

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

よくいただくご質問

  • No : 9607
  • 公開日時 : 2017/11/01 20:15
  • 更新日時 : 2019/07/27 12:25
  • 印刷

プレミアム写真印刷を選択すると、写真選択画面やデザイン調整画面で「塗り足し線」と出てきますが、意味を教えてください。

回答

「塗り足し線」とは、全面(余白なし)印刷をする場合に、用紙の端に余白が出ないようにするための目印の線です。
プレミアム写真印刷では、印刷した写真用紙をはがきに貼り、四辺をカットします。何十枚、何百枚のはがきを重ねて裁断した場合、多少のズレが生じます。仕上がり線までしか色がない場合、裁断によりほんの少し余白が出てしまうことがあります。これを防ぐために、塗り足し線まで色を入れていただく必要がございます。

なお、印刷が切れて困る部分については、必ず「印刷可能範囲」内に収めていただきますよう、お願いします。

※写真印刷で「直接印刷」を選ばれた場合は、全面印刷ではなく、周囲に余白ができる印刷となります。

アンケート:ご意見をお聞かせください